2022/1/16 JFLCC東京ショーに出店しました!(事後報告)

事後報告になってしまいましたが、久しぶりに開催されたJFLCCに出店しました。

釣音波ラジオでお馴染みの釣り大好き釣りフェスレギュラー?MCで動画クリエイターのハッピーマックスみしまくんがお手伝いをしてくれました。

実は、ルアー制作が全然間に合わなくて、32個ブランクを作って全部販売する予定が、徹夜で頑張ったのですが、4つしか間に合わずでした。さらに、パッケージデザインも出来ていない、当日はステッカーもワッペンも名刺も忘れてしまって、搬入時間にも遅刻して、もう出店者としてはダメダメでした。。

そんなダメダメな僕のところに素敵な人たちが来てくれました。

Twitterでパンティを釣ってバズったパンティ井上さんこと、オムライス井上さんがサプライズで釣音波ブースにきてくれました!ありがとうございました!!

そして神宮前にある傳(デン)のスーパーオーナーシェフの長谷川さんも遊びに来てくれました!傳は去年のバレンタインに奥さんと初めて食事に行きました。もう色々最高すぎて楽しすぎて、食事に行ったのに音楽ライブとかエンタメを全身で浴びたようなそんな時間を過ごせました。もちろんトップウォーターフィッシングが大好きな長谷川さんとの釣りの話もできたりとにかく最高でした。これがきっかけで長谷川さんと繋がりができ、僕がウェブを作ったりたまに記事を書いている釣り雑誌トップトウのVol.29にも出ていただいただきました。

長谷川さんのインスタグラムはこちら。傳のHPはこちら

お店は人気でちょっと予約が取りづらいですが、絶対に後悔しない最高の時間を過ごせると思いますので、おすすめです!

さらにさらに、今個人的に釣り業界で一番アツいと思われるジャンルの一つ、ジャパニーズハンドメイドクランクの世界のリーダー的存在である、Monkey Brainの井佐さんも来場されており、見かけたので声をかけたらめちゃくちゃ僕のルアーのことを褒めていただき、Twitterにも投稿していただきました!

今回作ったクジラルアーのエコーについての拘りや思いを僕自身が言葉、文字に落とし込めていない中、井佐さんとの会話の中でいっぱい引き出していただき、僕が去年クジラについて勉強していた時に鯨の腹部にたくさん小判鮫がくっついていた写真を見て、それをイメージしてエコーの腹部のウェイト部分が出来た話をしたら、井左さんにじゃあこれは小判鮫システムだね!とその場で命名していただきました。

↑こんな感じでご自身のTwitterでつぶやいてくれました!これは本当に嬉しかったです。ありがとうございました!

JFLCCでは色々な人と話をしてアドバイスをいただき、それを活かして釣音波の活動を頑張っていきたいと思います!

改めまして、釣音波のブースに来ていただいた方、出店者・来場者のみなさま、コロナ禍の大変な中頑張っていただいた運営スタッフの皆様、お手伝いしてくれたハッピーマックスみしまくん、本当にありがとうございます!

ということで久しぶりのブログでしたが、これからパッケージデザインをしたいと思いますので、また次のブログか釣音波ラジオか釣音波ビデオなどでよろしくお願いいたします。

最後にハッピーマックスみしまくんが今年の釣りフェスティバル2022オンラインでMCをやるので是非見てください!がんばれハッピーマックスみしまくん!!

釣り好き芸人 ハッピーマックスみしま
https://youtube.com/channel/UCeeuOWVzLq0HKjrQXtHSWXA
他SNSはこちら
https://lit.link/hapimakusumishimadayo

あと、エコーについて、近々ちゃんと紹介します!!!

煮干しの皮貼り実験

釣音波ラジオ、サボっててすみません、、近々再開します。

さて、タイトルの煮干しの皮貼りについて書きたいと思います。

少し前から僕の中で煮干しの事が気になりはじめました。

デザフェスに出展しているアーティストさんで、煮干しをレジンで固めたUSBメモリーを販売していて、その画像をツイッターで見かけ、本気で買いたくなりましたが、かなりの人気者らしく手に入れるのが難しそうでしたので諦めました。

他にも煮干しを型取ってシルバーの箸置きを作っているアーティストさんもいて入手困難になっていました。運良く購入できたけど嫁が気に入らなかったみたいで気づいたら無くなっていた。。

さらに、最近リアルを超えた本物の魚の皮をルアーに綺麗に貼り付けた皮張りルアーをよく見かけるようになりました。これもめちゃくちゃ欲しくなりましたが結構高額で諦めました。

ある日、キッチンの棚にある賞味期限の切れた煮干しを見てみると結構キラキラしてるしこれをルアーに貼ってみようと思い立ち、早速やってみました。

思っていたよりいい感じです。後先考えず、とりあえず木工ボンドで貼り付けます。

数日後に亀山ダムで釣ら大会の予定があったので製作工程の写真ほとんど無く、あっという間に釣行当日。

少し話は遡り、数週間前に福島にある小野川ダムに釣に行った際に友達が見つけた虫パターンが凄かったので、それを想定したルアーも目指しました。虫系のルアーをオーバーハング周りに投げ、放置し、数秒から20秒くらい待つと食ってきた。注意点としては動かさない事、動かすと食わない。

ただ、何十回もバイトはあったが、僕の使ってたルアーは何か問題があり、全くフッキングしなかった。そのリベンジを叶えるためのルアーに煮干しの皮張りをしてみた。

ボディはヒートンが抜かないようにアガチスの板を使い、浮力を出すためにバルサシートで挟みました。

での入れ食いと同じように、オーバーハング周りにルアーを投げて放置するだけで食ってきた。

釣音波ラジオ #19 橋本さんと松岡さんと福島、裏磐梯で梅雨のバス釣り。ペンションでDIY&奇怪な実験。

釣り友達の橋本さんと松岡さんと福島の裏磐梯にバス釣り遠征に言ってきました。

僕がケープデザインというブランドを一緒にやっていた橋本さんとそのお友達、松岡さんと2年ぶりにやってきました。

僕と橋本さんはフローター、松岡さんはカヤックでの釣行。

この二人、なぜか今回の旅にルアーパーツ、リューター、工具を大量に持ち込んでおり、お土産やさんで購入した赤べこのキーホルダーをルアーにしてこれでバスを釣るというプチ企画を持ち込んでおり、僕も初日の夜に赤べこルアーを作りました。

さて、釣れたのでしょうか。

↑プラジョンジョンはやっぱりよく釣れるな〜

自作のルアーでも釣れました!うお、目が真っ赤!!

よかったらPodcastで聞いてみてください。